冬場のアイドリング不調との闘い ③

NGKイリジウムプラグZFR5FIX-11P先端 DIY

三菱 H17型EKワゴン(H81W) のこの冬から起きているアイドリング不調との闘いの記録その3です。


起きているアイドリング不安定の問題は

① この冬寒くなってから、特に冷えた朝の始動直後
② アイドリングの回転が上がらず、エンスト直前のようにドドる
③ でもエンストはせずに、マフラーから白煙(寒いから湯気かな?)
④ 走り出してしばらくすると正常になる
⑤ 翌朝、また①から繰り返し


あちこち中途半端な素人仕事で手を出しつつ、一向に解決しない不調に業を煮やし、腹を決めてプラグレンチやらエクステンションバーやらを購入。


突然好調になったりまたドドったりという症状なので、点火系に問題があってどこかの気筒がサボっているとみて、 スパークプラグ外しにかかります。

向かって一番左のプラグ
固くて回りません(;´・ω・)

とりあえずここは飛ばして真ん中のプラグへ


真ん中のプラグもガチガチに焼き付いたような状態を覚悟してTバーを回すと、スルリと回りました。
締め付けトルクってこのくらいが適正なのかな、、、左のヤツは締め過ぎじゃないか?

などと思いつつエクステンションバーをくるくる回してプラグを外す過程で、ちょっと心に引っかかる挙動がありました。

プラグの中心の軸が、トルネード状にと言いますか、スリコギ状にと言いましょうか、螺旋を描くようなブレがあったのです。


エクステンションバーの先には固定用の玉があり、ソケットとの間にわずかに遊びがある関係で、ソケットとエクステンションバー自体が同軸にはなりませんから、プラグ自体は真っ直ぐ上がって来ていても、バーがややぶれるのは自然な事だろうと思い直してプラグを外して見てみると・・・


NGKのイリジウムプラグ ZFR5FIX-11P の点火部の電極は溜まったオイルを纏っていました。
で、ネジの切ってある部分はカーボンで煤けまくり、インジェクションコイルと接触する端子も、絶縁碍子の白いはずの部分も真っ黒です。

1年半くらい前の車検で交換してもらったばかりの気がしていたのですが・・・

インジェクションコイルのゴム部分が煤けまくっていた真ん中の気筒ですから、この程度は覚悟していましたが、どうしてこうなったのかよく分からないまま作業を進めます。


位置的に一番外しにくい、向かって右のプラグは中庸というか、固くて動かない左のプラグと、するりと回った中央のプラグとの中間くらいの固さで、グイっとTバーを回してあとはエクステンションバーの棒を持ってくるくる外しました。
今度は軸ブレのような違和感も感じず・・・

気を取り直して、スルーした左のプラグに再挑戦です。
エクステンションバーの軸をぶれないように握り、 Tバーを片側に伸ばして力を掛けます。

プラグホールに漏れたオイルが溜まっていたことが幸いしたのかどうか分かりませんが、エンジンが冷えて回りやすくなったのか、今度はなんとか固着したプラグが回り、プラグが折れる事もなく無事に外すことが出来ました。


で、外したプラグとイグニッションコイルをチェーンクリーナーやらパーツクリーナーやらで綺麗にし、次にアイドリング不調が起きたら今度こそ問題の原因パーツを突き止めてやるぞ~と決意しつつ・・・
プラグとコイルの位置を変えて組みました。

エンジンをかけると普通に調子よく回っています。

心臓の検査などと同様に、症状が観察されない状態でいくら覗いても問題は見つかりません。



翌朝になりました。
エンジンはキンキンに冷えています。

始動してみます。
ISCVの動く音も聞こえます。
かかりました。


で、ワンテンポおいてドロドロドロドロドロドロ・・・


エンジンをかけたままエアクリーナーボックスなどを外し、イグニッションコイルのコネクターを順に引き抜きます。
寒くて樹脂が固く、爪を押さえて揺さぶりながら引っこ抜くのが一苦労です。
コードや端子の接続部を傷めたり樹脂を欠けさせたりしたらとても面倒なことになってしまいます。


問題のありそうな中央の気筒に付いていたイグニッションコイルは向かって左と交換し、カーボンだらけだったのを綺麗にしたプラグは右と交換しています。

左の気筒のコイルのコネクターを抜くとブスブスブスとエンストしそうになります。
心配だったイグニッションコイルには問題なし。

件の中央のコネクターを抜きます。
ブスブスブスブス。エンストしました。
問題なし。

元々中央に付いていたプラグを挿した右気筒のコイルのコネクターを外します。
ドロドロドロドロドロドロドロドロ・・・
変わらずドドっています。

このプラグか!

長寿命のはずのイリジウムプラグ。
カーボンをかぶっておかしくなっちゃったかな~勿体ない( ;∀;)


この問題あるっぽいプラグだけ新品に換えれば急場は凌げるだろうとは思いましたが、気分的に全て新品に交換です。

プラグを差し替える際、先述の軸ブレ(プラグホールのネジ山が逝かれている疑い)を感じながら、最後の締め込みに気を使いながら新品プラグをねじ込みました。

で、始動。
3気筒スムーズに回り、久々の始動時のアイドリング回転が上がった音を聞きました。


きっとシリンダーヘッドからプラグネジに高温ガスが逃げて、プラグもインジェクションコイルも傷めて来たんだろうな・・・
前回プラグを換えてくれたメカニックがいい加減にねじ込んだのか、元々中古車だったので元々傷められていたのかな・・・
今回変えた新品プラグも軽く回せるネジ山に従って慎重に入れたけど、どうせ真っ直ぐに入っていないだろうから、耐熱グリス的なものを塗って締め直した方が気密性がよくなるんだろうな・・・

などと考えながら、外したプラグをケミカル剤や油脂の鹸化剤などを使って古歯ブラシで綺麗に洗いました。


すると・・・

NGKイリジウムプラグZFR5FIX-11P先端
外した件のNGKイリジウムプラグZFR5FIX-11P先端

焼け具合や電極の摩耗などの評価はおいておいて・・・


NGKイリジウムプラグZFR5FIX-11Pの先端の中央の電極が伸びてる?!
NGKイリジウムプラグZFR5FIX-11Pの先端の中央の電極が伸びてる?!

どうしたことか、問題のあったスパークプラグは、中央の電極部分が伸び縮みするのです。

ななななぜだ・・・

中心電極先端と端子間の抵抗を測っても通電はありませんでした。
それは先端が伸びた状態の時(中の導体が切れているのは想像できます)は勿論、目いっぱい縮めた(引っ込めた)状態でも通電しないようです。

一緒に外した他のプラグは、焦げはついているものの、3.9kΩ~4.2kΩくらいの抵抗値を示しているのに。

洗ってしまった影響もあるかもしれませんが、通電したままの電極が伸びてアース側に接触して短絡ということにはなっていないようなので、単に火花が飛ばず点火しない状態にあったという事なのでしょう。


スパークプラグがこんな状態になるという事自体が驚きです。
ざっとググってみる限り、プラグのトラブルでこんなケースは見当たりません。



では、なぜエンジンが暖まると不安定だったアイドリングが正常(っぽく)にアイドリングするようになるのだろう・・・?!


テスターで中心電極と端子間の抵抗を測っても、真っ直ぐ繋がっているはずの導体が物理的に離開しているからこそ電極が出入りするのですから、低電圧では絶縁されているわけですが、インジェクションコイルの作る高電圧がスパークさせる際は、小さな離開部にも小さなスパークが飛び、電極の位置がたまたま振動などで上がった(放電端子間が離れた)時にはシリンダー内の放電端子間のスパークが着火に成功し、電極が下がって放電端子間がくっついた時には、プラグの絶縁碍子内でスパークしていた
・・・という事なのでしょうか。

しかし、このプラグに交換してから1年半以上普通に走っていたEKワゴンですから、プラグの初期不良は考えにくいですし、冬で寒くなったから金属が縮んでプラグ内の導体が分裂した・・・というのもおかしな話です。

ミステリーです。プラグの怪です。


思い余って、NGKのサイトからお問い合わせフォームで連絡してみました(^^;)

クレームとか代替品寄こせ( ゚Д゚)とかではありませんよ。
どんな条件(プラグの締め込み過剰とか斜めに挿したとか)だとこんな事になるのか、純粋に興味深々だからです(;’∀’)


レアなプラグ破損のケースなど、面白い話などが聞けたらこちらでご報告するつもりです(^^)


冬場のアイドリング不調との闘い ①

冬場のアイドリング不調との闘い ②

冬場のアイドリング不調との闘い ③

タイトルとURLをコピーしました