HITACI ドリルドライバーFDB3DL 分解 ①

HITACI(ハイコーキ) ドリルドライバーFDB3DL DIY

2006年くらいから使用しているHITACI(現在は HiKOKI(ハイコーキ) )製のドリルドライバーFDB3DL

トルクを必要としない、カーテンレールのビスとか、コンセントを壁に固定するネジなど回すのが億劫になるほど長いネジを回すのに大活躍していました。

HITACI(ハイコーキ) ドリルドライバー FDB3DL



回すのが億劫といえば、ホイールのナット回し。
十字レンチでくるくる回すのも楽しいですが、しゃがんで行う作業は腰も膝も辛くなります。

そこで、緩めはスピンナハンドル,締め付けは十字レンチでやる事にして、 トルクを掛けるわけではないナットの送りと外しだけは、こいつにソケットを付けてくるくる送ります。

ところが今年に入ってから、回転スイッチを押すと、逆転はすんなり回りますが正転側が回りにくいというか、スイッチの押し加減次第で回ったり回転が遅くなったり止まったり。

これから冬を迎えてタイヤ交換の時季なのに、手作業だけでナット回しはしたくない。かと言って大袈裟なインパクトドライバーにソケットを付けると、インパクト対応じゃないチャチなソケットを破損させかねない・・・


こんなタイミングでコンパクトなドリルドライバーに故障されると面倒な作業が増えてしまいます。
モーターやギアが寿命ならば諦めますが、スイッチの接触不良っぽかったので分解してみる事にしました。

ドリルドライバーFDB3DL 電池を抜いた所の金具が留め具になっています

先ずは電池を抜き、ビスというビスを全部外します。
関節部分のビスだけは長い木ネジです。

電池を抜いた所の金具が留め具になっていて、これを引っこ抜き、爪を内側からこじ開けると持ち手の部分が分かれます。
LEDランプのスイッチ基盤が配線されているので、関節部分は慎重に外します。

本体も隙間をこじって開きます。

が、どうしても反対側が外れず、モーターとギアのユニットをこじり出そうとしても動きません。
ここを外さないと肝腎のスイッチの接点にアクセスできません。



HITACI ドリルドライバーFDB3DL 分解 ②へつづく


タイトルとURLをコピーしました