HITACI ドリルドライバーFDB3DL 分解 ②

HITACI ドリルドライバーFDB3DL 分解 ② DIY

爪を探して抉りまくり、うっかり筐体を傷めてしまう所でしたが、この固着はただ事ではないと思い直してあちこち探すと・・・

HITACI ドリルドライバーFDB3DL 分解 シールにネジが隠れていました

シールにビスが隠れていました( ;∀;)

モーターを左右から固定しているので、片側のビスを外した段階で気づくべきでした。

ドリルドライバーFDB3DLのモーターの左右にビスがあります

モーター左右のビスを外したら、すんなりと筐体が開きました。

ようやくスイッチにアクセスできます。

HITACI(ハイコーキ) ドリルドライバーFDB3DL スイッチの接点の固定側

固定側の接点が黒く汚れていたので、コンタクトスプレー(接点復活剤的なもの)を吹き付けて、綿棒などで綺麗にします。


ドリルドライバーFDB3DL スイッチの接点の可動側

可動側の接点は、正転側がやや凹んで汚れていましたが、ここもコンタクトスプレーと綿棒でこすっただけです。
紙ヤスリで磨いて端子をやや曲げてやろうかとも思いましたが、削らなくとも金属面は光っていますし、曲げる方向を間違うと元も子もないなのでそのままです。


逆を辿って組み立てますが、一点失敗したのはギアユニットにグリスを足してから組めばよかったという点です。

無事に正転するようになりましたが、ギアの音がやや甲高い音になってしまったのが心残りです。
組む際も写真を撮り忘れるほど手をグリスまみれにして格闘したので、また分解してグリス注入する元気がありません( ;∀;)


ホイール交換は、やや甲高いギア音を立てるFDB3DLに活躍してもらう事になります(^^;)

タイトルとURLをコピーしました