冬場のアイドリング不調との闘い ①

3G83 ISCV ISCバルブ DIY

三菱EKワゴンH81Wの不調の話です。


消費税率が上がってキャッシュレス決済の波に乗り遅れつつある2019年の11月下旬

家人のEKワゴンが不調だとの事で、あちこち弄りました。



先ずはリアハッチのダンパーが弱ってハッチが降りて来て頭に当たる問題
気温が下がってゴムなど樹脂が固くなって機能不全が起きるのでしょうか。
それならば動きが渋くなったり上げ下げが固くなったりしても良さそうなものですが、エアが抜けたのかスプリングが効いてくれず、上げたハッチを支えてくれなくなっていました(´・ω・`)


これは、ヤフオクで中古のリアゲートダンパーを落札して交換。


EKワゴン リアゲートダンパー

ここは台座のネジを外すべきなのかどうか一瞬悩みましたが、 樹脂の切り欠き部分から、金属の帯をマイナスドライバーでこじって広げると球関節部分が外れます。

ダンパーは中古ですが、これまでのヘタったダンパーと比べれば見違えるように機能を果たしてくれています。
一件落着。


しかし本題はもっと深刻です。

問題の本丸は、エンジンがアイドリング中、特に朝の始動直後に回転が上がらずにドドる件です。


走り始めてしばらくすると安定するという症状から、低気温下で暖機する為のアイドリングコントロールの異常と踏んで、ISCVの故障を疑いました。


EKワゴン H81W ISCV 1
EKワゴン H81W ISCV 2

キーをひねるとサーボモーター音はするのですが、それが果たして適切に動いているものなのかどうか判断できなかったものですから、これもヤフオクで調達した中古のISCVといきなり交換しました。

出品者の動作確認済みを信じて。


ところが症状はほとんど変わらず( ;∀;)
なぜだ・・・。

冬場のアイドリング不調との闘い ② へつづく

タイトルとURLをコピーしました