冬場のアイドリング不調との闘い ②

エアクリーナエレメントも換えました DIY

こうなったら、手を汚したくないとか開けた事の無い所を開けてしくじりたくないなどと言っていられません。

ISCVを換えた時にも外しましたが、エアクリーナエレメントを新品に交換して様子見・・・

何も変わりません。写真はありませんが、そもそもエアクリーナエレメント自体もそれほど汚れていませんし(;’∀’)

いろいろググって調べます。

症状は、
① この冬寒くなってから、特に朝の冷えた始動直後
② アイドリングの回転が上がらず、エンスト直前のようにドドる
③ エンストはせずに、マフラーから白煙(寒いから湯気かな?)
④ 走り出してしばらくすると通常になる
⑤ 翌朝、また①から繰り返し

ISCVは換えてみましたが、解決しませんでした。
では ECUが冬の乾燥した環境で静電気の影響でおかしくなったか・・・
ECUをリセットしてもらいにディーラーに行こうかとも思いましたが、ディーラーを裏切って格安車検に持ち込んでこれまでやってきた関係で、なんなきまりが悪い(;^ω^)
で、さらにググります。


バッテリーの負極を外して10分ほど放置。
再接続後に行う初期学習については諸説あるようで、三菱自動車のホームページには

”安全な場所に車を止めたうえで、セレクターレバーを「P」(マニュアル車は「N」)に入れ、暖機後に約10分程度アイドリングにて様子をみてください。エンジン回転数が安定すれば、初期学習は終了です。
上記初期学習を実施しても元の状態に戻らない場合は、販売会社にご相談下さい。 ”

と書いてあります。

私はネット上でよく見かける
エンジンキーをON
すぐに切って1~2分放置
エンジンキーをON にして10分ほど放置
・・・的な事もやってみた上で、低負荷アイドリング10分後、再始動してエアコンやヘッドライトONの高負荷アイドリングを10分やってみました。
高速道路を一定速度で巡行もやりたかったのですが、時間が取れません(´・ω・`)

結果、何も変わりません。


思い付きで、↓

ワコーズのNEWフューエルワンも試してみました。
1本使い切って状態が変わらない事から、ケミカル剤的なもので解決する問題でもないだろうとは思っていましたが、どうせあちこちカーボンスラッジ溜まりまくりでしょうから、折角ですから連続して使ってみる事にします。




で、今度はインジェクションコイルを見てみました。
すると、3気筒あるうちの中央が煤けていました。
これかな?

やっぱり写真がありません。
汚れた手でカメラを触りたくないからです(^^;)


インジェクションコイルは3本ともゴムの先がオイルで濡れています。
タペットカバーパッキンのOリングがヘタって、オイルがプラグホールに向かって溜まっているようです。
だからと言って、真ん中だけ煤けるというのは解せません。


仕方が無いので、薄型のプラグレンチを買って来てプラグ外しにかかります。


冬場のアイドリング不調との闘い ③ へつづく

タイトルとURLをコピーしました